だれのためのもの?


日曜日、パタゴニア仙台で行われた「Granted Film Festival」に

参加してきました。

自然環境や生き物を大切に育て、保護する取り組みに

毎年支援金のお手伝いをしているパタゴニア。

本映像上映会も、支援しているプロジェクトの映像を観て、

考えや想いを会場の方々とシェアしました。

観た映像は、県は違えど、どちらも同じ日本で起こっていること。

「知る」ことで、いろいろなことに気づけるし、

「気づく」ことが、行動につながる。

是非、この動画を見てみてください。

【シー・オブ・ミラクルズ(奇跡の海)】

さらにくわしく

【プロテクターズ・オブ・ファイアフライ・リバー(ほたるの川のまもりびと/パタゴニア特別限定版)】

さらにくわしく

長崎県東彼杵郡川棚町のまちのひとは、ダム建設の強制調査を入れないために、

もう50年以上も、365日、毎日見張りを続けています。

それぞれに、本来の暮らしや仕事を全うしたいと考えているし、

豊かな自然環境の中で生きたいと思っている。

ダムを造ろうとしているひとにも、考えや主張があるはずです。

ダムは誰のためのもの?

豊かな自然環境のまちなみは誰のためのもの?

話し合う場、向き合う場所をつくることを実現させて欲しいです。

Recent Posts

copyright  © FOLK GLOCALWORKS All rights reserved.